卵子が無い場合

卵子提供の受け入れ先を探す時の注意点



婦人科系の疾患や加齢などの影響で卵子が無い場合には、海外の病院で卵子提供を受けることにより妊娠を目指せるケースがあります。卵子提供を受けることができる患者の条件は、それぞれの医療機関の方針や医師の経験などに大きく左右されますが、近い将来に妊娠を希望する場合には、早いうちから受け入れ先を探すことがおすすめです。また、海外にある卵子提供の実績のある病院とコンタクトを取るうえで、国内の仲介会社を利用することで、スムーズに手続きができることがあります。なお、日本人の患者の受け入れを積極的に行っている海外の病院の中には、公式サイトで卵子提供の対象となる患者の条件について分かりやすく説明しているところもあり、日頃から各病院の事情を把握しておくと良いでしょう。

海外の名医に卵子提供を受けるには


海外には卵子提供をはじめとする不妊治療に対応している病院が数多くありますが、卵子が無いことにより妊娠を望めない場合には、産婦人科や婦人科の名医のいる病院に対応を任せることが重要です。特に、40代以上の人や持病のある人については、病院によって卵子提供の対象外となることもあるため、それぞれの病院の条件をしっかりと比較することが大事です。また、卵子提供の安全性を高めるうえで、数ある病院の中でも術前の検査を念入りに行っているところや、担当の医師によるカウンセリングを受けられるところを探しましょう。その他、国内外の患者を受け入れている病院を選ぶ場合には、順番待ちが必要なこともあるため、余裕を持って卵子提供を希望することが大切です。