遺伝的に問題がある場合

卵子が存在しないときに受けられる



人間だけでなく、いろいろな動物や植物は子孫繁栄のための活動を行います。動物なら雄と雌がいて、雄の精子と雌の卵子が結合してできる受精卵が育って行きます。いきなり受精卵が出てくるのではなく、その前に精子と卵子が必要になるのです。結婚をして子供を作りたいと望むとき、いろいろな活動をしても妊娠ができないなら、何らかの理由があると考える必要があるでしょう。もし卵子が存在しない状態であれば、卵子提供を治療の一つとして選択できます。卵子が存在しない理由は様々で、元々卵子を作る能力がない時もあれば、何らかの病気によって卵子を作る機能が失われるときもあります。卵子がある状態だと卵子提供を受けられないときもあるので、しっかり調べる必要があるでしょう。

子供に病気が遺伝する可能性があるとき


子供には必ず親がいて、子供は親の遺伝子を引き継ぎます。親子で顔が似たりするのはそのためでしょう。それ以外に体つきや筋肉の付き方などが似たりもするので、親がスポーツ選手だとスポーツ万能な子が生まれたりもします。一方で親が重篤な遺伝性疾患を持っているときがあり、もし妊娠をして出産をするとその遺伝が子供に引き継がれる可能性が出てきます。もちろん引き継がれない可能性もありますが、可能性を意識した妊娠や出産に挑む必要があります。生まれてくる子供を思うと、自分の遺伝子を引き継がせられないと考える人もいるでしょう。この時は卵子提供による妊娠、出産が可能になります。夫婦間や親族、その他医療関係者などと十分相談をして決めると良いでしょう。